男性は恋愛する上でお酒が飲めたほうがいい

男性は恋愛においてお酒が飲めた方が有利という事実がある。女性は恋人にはお酒を飲めることを望んでいる。逆に男性は女性にお酒を飲めることを望んでいない。男性にとって女性がお酒に弱くてよっている姿を見ると、自分がお世話してあげなきゃダメだなとか、しょうがないなと思って介抱してあげたくなるのだろう。一方女性は逆なのかもしれない。お酒に弱い男性だと自分が酔った時に世話をしてくれなかったり、男として弱い姿は見たくないという感情があるのだろう。またお酒が強い女性にとっては自分だけ飲んでもつまらないと思ってしまう。自分だけ飲んで男性が飲めなかったら友達としてもつまらないし、恋人としても物足りないのだ。お酒が飲める男性は有利なのだから、お酒が飲めない男性は付き合い程度でも飲む練習をして、自分がどのくらいのレベルまでなら飲めるのかということを知っておくべきだろう。またお酒が飲めた方が合コンや飲み会でも女性を口説く安かったりもするから、一人酒なのでアルコールに慣れてみてはどうだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です